忍者ブログ
築100年・北海道開拓時代古民家での自給自足的生活

2020

0526
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008

0214
 DSCN1119.JPG               



水田地帯にある民家なので吹雪はブリザードと言えるほどに強力、フランはドアを開けても外に出ようとせず、ただ外を眺めているだけ。






DSCN1122.JPGなんとかシルエットで見えてるわたしはガーデニング用の種の注文。
多年草数種と虫除管理用の改良品種のマリーゴールドを発注。
ホワイトのスイートアリッサムは虫を集めるらしく、果樹の下に植えると良いらしい。
スイカ メロン 南瓜 ズッキーニ-の近くに植えても効果有りそう。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
今年は何植えようと色々考える時って楽しいですよね
旅行に行く前とか描きはじめる前の白いキャンパスに向う時に似ている
ホーマックにも春物野菜の種もう出てる

農民画家 2008/02/15(Fri)07:33:53 編集
農民画家さんへ
ホーマックの種の前でうずくまって動かないのが私です
種苗屋さんを覗くのがすきです
【2008/02/15 08:59】
家の中は暖かそう
うちでもタレイアを外にだしたら、ご用だけ済ませて、すぐ戻ってきました。フランも吹雪であきらめているのかしら。ずいぶん大きなモンステラですが、もう何年もたつの?
Asako URL 2008/02/15(Fri)08:10:29 編集
Asakoさんへ
家の中暖かいんです、リホームの費用のほとんどが断熱、床団
年寄りは寒さが辛いのです
モンステラは28年前に入手したものです2回ほど切戻し、取り木してます。
よく見えませんが前にあるシンビジューム2鉢は22年前に亡くなった夫からのプレゼントです、株分けしながら25年ほど生きています。
【2008/02/15 09:31】
大切に育てているんですね
モンステラもシンビジュームもそんな長生きさんだったとは知りませんでした。すごーい。花子さんが丹精しているから応えてくれるんでしょうね~。
Asako URL 2008/02/17(Sun)09:12:50 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
花子
年齢:
65
性別:
女性
誕生日:
1954/10/27
職業:
自由人
自己紹介:
一年の半分近くが雪に覆われる北海道の内陸の小さな町に犬と住む。
去年の春に介護のため、30年ぶりに実家に戻るも、母は元気すぎて私の手を必要とせず。
農業をするには狭すぎ、家庭菜園には広すぎる庭をいじり、ボロ家を修繕しながら気ままに過ごす毎日。
最新CM
[12/04 農民画家]
[12/03 農民画家]
[09/27 名寄のむらかみ]
[09/07 名寄のむらかみ]
[05/11 なまら家]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP