忍者ブログ
築100年・北海道開拓時代古民家での自給自足的生活

2017

1215
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013

0610

主に葉を観賞する植物です
暑い夏には涼しげな柔らかい夏毛
寒い季節にはふかふかな白い冬毛
上手く育てると一枚の葉が30㎝位の
大人のしろくま君になります
PR

2012

1203

このストーブはいったん火力が強くなったら、薪が無くなってくるまで弱まりません。

ある朝、焚きつけをしていると煙が部屋中にもくもくと流れ込みました。

DSCN2199.JPG

 しかし、暖かいようです。
 
   
 

2011

0314

孫(咲笑)のパパは岩手で救援活動

東京在住の子は徒歩で通勤

千葉在住の子は「店に懐中電灯がないよ~」

我が家は当分、娘と孫が滞在する

咲笑が自分の食べているものをフランに与えるので、咲笑が食事する時にフランが近づくのです。
時にはフランが近づくと咲笑がわめく、フランを外に出すと吠え続ける。
騒々しいけれど、こんな普通の生活をしているのが申し訳ないような気持ちです。

2010

1213
さすが餅の工場です。
今しかこれほどの需要はないとはいえ、早朝から夜まで臼の音がやみません。
帰る時間は毎日遅く、21時・22時になっています。
さすがに疲れていますが、今日は休みだというのに早くからフランに起こされています。
しかし気になっていたランの水やりをしていたところ、ミニの胡蝶蘭に蕾があるのを発見しました。
DSCN1941.JPG古い杯に根をミズゴケでくるんだ胡蝶蘭をのせています。

一度も花を見ていないので楽しみです。

2010

0412
毎日のアルバイトから解放されたので、花園計画の下見に行ってくる
雪解け水で大きな池ができていた

DSCN1814.JPG2か所の沢にはクレソンと芹を植える

あとは笹を刈るのみ

エゾエンゴサク カタクリ イチゲ

すでに自生していたはずの野草に光を当てる
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
花子
年齢:
63
性別:
女性
誕生日:
1954/10/27
職業:
自由人
自己紹介:
一年の半分近くが雪に覆われる北海道の内陸の小さな町に犬と住む。
去年の春に介護のため、30年ぶりに実家に戻るも、母は元気すぎて私の手を必要とせず。
農業をするには狭すぎ、家庭菜園には広すぎる庭をいじり、ボロ家を修繕しながら気ままに過ごす毎日。
最新CM
[12/04 農民画家]
[12/03 農民画家]
[09/27 名寄のむらかみ]
[09/07 名寄のむらかみ]
[05/11 なまら家]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP