忍者ブログ
築100年・北海道開拓時代古民家での自給自足的生活

2020

0526
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009

0830
ニャゴが前足を引きずりながら帰ってきました、傷を調べましたがありません。
肩のあたりの毛並みの乱れた所を触ると「ニャゴーそこは痛いよォ」と言って私の手をやさしく噛みます。
打撲のようです、高いところから落ちたのでしょうか。
その日は食事もせず、おとなしく寝ていました。
次の日は朝ごはんを食べられました、夕方には散歩に出かけました。
けがをした後は静かに休んでいるのがいいようです。

私も今朝、道の駅で肋骨を強打しました・・・・後ろ向きに話しながら歩いていた所に予期せぬ障害物がありました。
とても痛くて、息を吸うのがつらくて、でも仕事があったので車で10分ほど行ってから降りて身体を静かに伸ばすと痛みも治まったようでした。
その後友人たちと「人間の体はよく出来ている」などと話し、怪我を侮っていました。
午後も少しの仕事をしてから、さあ!ニャゴを見習って休もうとしたところ、痛いのです。
横になると痛いので椅子に腰かけています、夕食?珍しくカップラーメンがあります。

残念なのはさっき頂いた、ラングドックのオリーブとイタリアのワイン!なんて間が悪いのでしょう。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
花子
年齢:
65
性別:
女性
誕生日:
1954/10/27
職業:
自由人
自己紹介:
一年の半分近くが雪に覆われる北海道の内陸の小さな町に犬と住む。
去年の春に介護のため、30年ぶりに実家に戻るも、母は元気すぎて私の手を必要とせず。
農業をするには狭すぎ、家庭菜園には広すぎる庭をいじり、ボロ家を修繕しながら気ままに過ごす毎日。
最新CM
[12/04 農民画家]
[12/03 農民画家]
[09/27 名寄のむらかみ]
[09/07 名寄のむらかみ]
[05/11 なまら家]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP